【絶叫が苦手でも乗れる?】USJのハリウッド・ドリーム・ザ・ライド怖さ・待ち時間

ハリウッド・ドリーム・ザ・ライド

空を飛んでいるような浮遊感と高さ、スピードを兼ね備えた、USJ(ユニバーサル・スタジアム・ジャパン)のジェットコースター、ハリウッド・ドリーム・ザ・ライド。
通常のジェットコースターと異なる点としては、乗車中に耳元で音楽が流れるということ。
音楽は期間によって定期的に変わりますが、いくつかの種類から自分の好きな音楽を選ぶことができ、テンションもアップ!

浮遊感を楽しめるコースターですが、絶叫系が苦手な人、その中でも特にまだ一度も乗ったことがない人にとっては、乗車するのにかなり勇気がいると思います。

今回は実際に何回か乗ったときの体験談も含めてまとめました。
ハリドリの予習も兼ねてご覧ください。

ハリウッド・ドリーム・ザ・ライドは怖いの?浮遊感はあるの?

冒頭で書いた通り、浮遊感をとても感じるコースターです。
浮遊感の面でいうと、USJの中でもトップクラスで、フライングダイナソーよりも感じます。

はじめに大きく落ちるファーストドロップで浮遊感を感じるのはもちろんですが、その後の波打つように進むところもかなり浮遊感があります。
さらに安全バーが腰あたりにしかなく、若干頼りなく感じ、空に飛び出してしまうような感覚になります。

浮遊感が苦手な人には大変なコースターですが、空を飛ぶような気持ち良さを感じることができる最高なコースターです。

後ろ向きのバックドロップの怖さは?

後ろ向きの方が浮遊感は感じませんが、「どこに進むかわからない」という怖さがあります。
後ろ向きの方が怖くないという人が多いようですが、人によりけりなので、初めてハリドリに乗る人はまずは通常の前向きから乗るのが無難ですね。

怖さを和らげる方法

どうしても怖い人は、これから紹介する怖さを和らげる方法をお試しください。

怖い時は叫ぶ

叫ぶと怖さが和らぎます。
できれば落ちる前から叫んでおくと、さらに効果がありますが、落ちる前は誰も叫んでいないので恥ずかしいと思います。
友達などに叫ぶのを付き合ってもらうか、恥を捨てて叫びましょう(笑)

音楽に集中する

乗車中は風の音がすごくスピードを感じますが、ハリドリは耳元で音楽が流れているため音楽に集中して、風を感じないように頑張りましょう。
自分も音楽に合わせて大声で歌えば怖さも和らぎます!

進む先と動きを考える

「もうすぐ落ちる」「次は回転する」など、次にどのような動きをするか分かっていれば心や体の準備ができます。
いきなり落ちたり、予想外の動きをされるのとは、恐怖心が全然違います!

落ちる時に上を向く

真上を見るようにすると、ふわっとする浮遊感が軽減されるそうです。
実際に友達がやっていましたが効果抜群とのことです。

ハリドリは落ちる時に写真を撮られることもないので、写真写りを気にせず上を向きましょう。
怖いと下を見てしまう人が多いですが、下を向くと落ちているときの景色全体が見え、余計に怖さが増すので注意してくださいね。

待ち時間

時期や時間によりまちまちですが、だいたい1時間から2時間ほどで、休日は2時間以上になることもあります。

朝一は待ち時間が最も短く、30分ほどで乗れることもあります。
それからどんどん待ち時間が伸びていくので、できるだけ午前中の乗車がおすすめですよ。

1人で乗るシングルライダーは普通に乗るよりも待ち時間が短くてすみますが、普通に乗るのが怖いと思っている人にとってはシングルライダーなんて無謀ですよね(汗)
勇気がある人のみシングルライダーに挑戦してみましょう。

さいごに

いろいろと書きましたが、乗ろうか迷っているのなら、細かいことは気にせず乗ってみるのもアリだと思います。
乗ったあとは達成感を感じるはずです!

勇気を出して挑戦してみましょう〜。

スポンサーリンク