家計簿は、本派?アプリ派?それぞれのメリットをまとめ

家計簿

家計簿は、スマホアプリでも本でも、本当にたくさんの種類が出ています。

これから家計簿をつけようと思っている人の中には、アプリで管理すべきか本で管理すべきか迷っている人もいるかもしれません。

今回は、それぞれのメリットをまとめてみたので、参考にしてみてくださいね。

家計簿アプリのメリット

無料のアプリで、気軽に家計簿をつけることができる。

家計簿アプリは有料のものが多いですが、無料のものもたくさんあります。

無料のアプリは、有料のアプリと比べると機能が少なくなりますが、家計簿としての基本的な機能は備わっているので普通に使うぶんには問題はありません。

本の家計簿は、まずお店に買いに行かなければならず、面倒ですが、アプリなら思い立った時にお金をかけずにすぐに始められます。

電車の中など外で空いた時間に入力することができる。

スマホは常に持ち歩いているので、いつでも思い出した時に入力することができます。
家に帰ってから本に書き込むよりも、時短になりますね!

たまに電車で新聞を広げている人はいますが、さすがに本の家計簿を広げて書き込むことはなですよね。周りの人に家庭の金銭状況筒抜けです(笑)

合計金額などの面倒な計算をしなくてもよい。

電卓をポチポチたたいて計算する手間がなくなります。

合計金額が合わず計算しなおしになることもありません。

アプリによっては支出内容ごとに分類分けしてくれたり、グラフで表示してくれるものもあり、金銭状況を一目で確認することができます。

レシートで読み取りをしてくれる。

こちらもアプリによりますが、レシートの情報を読み取って、そのままアプリに反映させてくれます。

私が昔使っていたアプリは、レシートの情報をなかなかうまく読み取ってくれず、結局後で手作業で一つ一つ直していました。

そのなおす作業がとても面倒だったのですが、最近はちゃんと読み取ってくれるようになってきているようなので、そんなに後で直す必要はないかもしれません。

本の家計簿のメリット

自由にアレンジして書くことができる。

基本的には、その家計簿の書き方にそって書いて行きますが、その枠にとらわれずに自由に書いていくことができます。

レシートを貼ったり、シールを貼ったり、ペンで色を塗ったり、自分流にアレンジでき、自分なりの家計簿を作っていけます。

もっと完全オリジナルな家計簿にしたかったら、真っ白な普通のノートに書いていってもいいかもしれませんね。

スマホの故障などで急にデータが消えることがない。

スマホのバックアップを取っていれば大丈夫かもしれませんが、アプリはデータが消える危険性があるので少し不安になります。

また、アプリの更新が終わってしまったり、スマホの機種変更した時に、アプリが対応しておらず、使えなくなるリスクもあります。

本なら、無くしたり捨てたりしない限りは、ずっと手元に残るので安心ですね!

家計簿をつけているという実感が湧きやすく、続けられやすい。

本の家計簿に手書きで記入していると家計簿をつけているという実感が湧きやすいです。
アプリだと長く続けられなくても、本の家計簿なら続けられるという人も多くいますよ!

まとめ

家計簿をつけるのをすぐにやめてしまっては、あまり意味がありません。

アプリでも本でもそれぞれ良いところがあるので、自分にあった方で是非長く続けてみてください。

最低でも一年以上は続けて、一年の家庭のお金の動きを把握していきましょう。

スポンサーリンク