乾燥肌には青のルルルンで、もちもちの肌に!【使い心地・種類】

スキンケア

冬は空気が乾燥しているので、乾燥肌の人はいつも以上に肌の保湿が大事になってきます。
特にお風呂上がりには、たっぷり化粧水をつけてしっかりと保湿しなければなりません。

今回は乾燥肌の人におすすめの、フェイスマスク ルルルンについて書いていきます。

化粧水は「塗る」より「貼る」

毎日お風呂上がりに化粧水をつけていると思いますが、実際はあまり顔に浸透していないということを知っていましたか?

手で塗っている人は、顔ではなく手の平に化粧水が染み込んでしまいますし、顔に塗った分も乾燥した空気のせいですぐに乾いてしまいます。

ルルルンはしっかり顔を包み込むので、肌が乾燥した空気に触れることもなく、フェイスマスクに染み込んだ化粧水がそのまま肌に浸透していきます。
たっぷり化粧水が染み込んでいるので、毎日使っている塗る化粧水はなくてOKです。
ルルルンをはがした後は、肌がとても潤いもちもちになっていますよ。

ちなみに私は、夜はルルルンを使って、朝は普通の塗る化粧水を使っています。

ルルルンなしでも化粧水を何度も重ね付けすればもちもちの肌になるかもしれませんが、それでは手間がかかります。
化粧水をたくさん使うので、コスパも悪くなってしまいますよね。
毎日フェイスマスクを使うなんてお金がかかりそうですが、案外いつも塗っている化粧水より安くなるかもしれませんよ。

何色のルルルンを買えば良いか分からない!

ルルルンはいろいろな種類があり、商品のパッケージからも違いが分かりづらく、どれを買っていいのか迷ってしまいます。
ルルルンの代表的なシリーズには、

  • 通常のルルルン(ピンク色)
  • 青のルルルン
  • 白のルルルン

の3種類があります。
他にもルルルンプレシャスというシリーズで、

  • ルルルンプレシャスRED
  • ルルルンプレシャスWHITE

というものもあります。

このようにいろいろな種類があるのですが、乾燥肌の人にはこちらの2種類がおすすめです。

  • 青のルルルン
  • ルルルンプレシャスRED

青のルルルンよりも、ルルルンプレシャスREDの方が少し値段が高く、良い成分が入っているようなので、予算に余裕がある人はルルルンプレシャスREDを買ってみても良いですね。

ルルルンの使い心地

ルルルンは頻繁に改良されてどんどん進化しています。
以前よりも、シートがふわふわした素材に変わり、化粧水もも多く染み込んでいるようで、優しく持たないと化粧水が溢れ出して滴り落ちてきます。

ルルルンの説明欄に、シートを顔に5分から10分程度つけるように書いてありますが、化粧水を多く含んでいるので、外した後もまだたっぷりの化粧水がシートに含まれています。
外した後のシートを折りたたんでパッティングしましょう。

更に、フェイスマスクを一枚ずつ取り出しやすくなっているところも良いポイントです。
2枚重なって出てきてしまったり、ケースが化粧水でベトベトになったりすることがないので、めんどくさがり屋の私も毎日苦もなく使えています。

まとめ

乾燥肌には特に化粧水を「塗る」より「貼る」がおすすめです。

私は32枚入りを使っていますが、7枚入りも売っているので、初めての人は試しに7枚入りを購入してみても良いですね。

32枚入りのほうがシートを1枚ずつ取り出すいです。
7枚入りは、旅行の時などの持ち運びに便利です。

冬は空気が乾燥して肌もカサカサになりやすいので、この時期に是非一度、青のルルルンを使ってみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク