【徹底解説!】WDWのメモリーメーカー 写真を飾り付けしてダウンロード!料金、利用の流れをご紹介

Memory Maker

WDW(ウォルト・ディズニー・ワールド)のメモリーメーカーを知ってますか?

パーク内にいる一眼レフを持ったカメラマンに撮影してもらった写真や、アトラクション乗車時に自動で撮影された写真を、My Disney Experienceから何枚でもダウンロードできるというサービスです。

撮影してもらった直後に、スマホからMy Disney Experienceにアクセスすれば、リアルタイムで確認することができ、さらに写真ダウンロード時に、プリクラのように専用のスタンプを押したり、フレームをつけたり写真を飾り付けることもできます。

今回はそんな便利なメモリーメーカーについて書いていきます。

メモリーメーカーの料金

メモリーメーカーは有料のサービスです。
写真の撮影や閲覧だけなら無料ですが、ダウンロードにはお金がかかります。
さすがにこれだけのサービスは無料にはなりませんよね・・・。

料金は次のようになっています。(2018年10月時点)
通常の購入 199ドル
3日前までに購入 169ドル  

早く購入すると30ドル安くなりますが、安くなると言っても169ドルは高い!
1ドル110円だとしても、日本円で18,590円です。
でも一生の思い出だし、悩みどころですね!

ちなみにメモリーメーカーを使わずに写真を単体でダウンロードすることもできます。
その場合1枚13.65ドルとなっています。

では次に具体的な利用方法を、ご紹介していきます。

利用の流れ・方法

ステップ1 メモリーメーカー購入

まず、My Disney Experienceからメモリーメーカーを購入します。
代表者1名がダウンロードすればOKです。

ステップ2 当日に写真を撮影

写真は主に次の3つの方法で撮影されます。

  1. パーク内にいるカメラマンに声をかけて撮影してもらう。
  2. アトラクション乗車時に自動で撮影される。
  3. キャラクターグリーティング時にカメラマンが撮影。

1のパーク内のカメラマンに撮影してもらう場合

撮影前か後にカメラマンの持っている機械にマジックバンドをかざせば自分のMy Disney Experienceに写真が反映されます。

カメラマンは、入り口付近やパークのシンボル付近にいることが多いので、見つけたらどんどん写真を撮ってもらいましょう。
撮影待ちの人が並んでいることもありますが、数組しか並んでいないことが多いので、すぐに自分の順番になります。

パークマップのカメラのマークのところにカメラマンがいるので、マップを見ながらカメラマンを探すのもおすすめですよ。

地図

2のアトラクション乗車時に自動で撮影される場合

主にコースター系のアトラクションの、1番スリルのあるところで撮影されます。
スピードが速いところや落下するところですね。

タワー・オブ・テラーや、七人のこびとのマイントレインでは、写真だけでなく短いですが動画での撮影もあります。しかも音楽つきです!

アトラクション乗車後に、写真が映し出されるところがあるので、マジックバンドをかざして、自分のMy Disney Experienceに反映させます。
七人のこびとのマイントレインでは、マジックバンドをかざすところがありませんが、なんと、自動で反映されるようです。
どんなシステムなのかわかりませんがハイテクですよね!

3のキャラクターグリーティングの場合

キャラクターグリーティングの場所にカメラマンがいるので、何も言わなくても勝手に写真をとってくれます。

1の場合と同じで、写真を撮る前か後にカメラマンの持っている機械にマジックバンドをかざして写真を反映させます。

ポーズをしっかりとっているところだけでなく、たまにキャラクターとハグをしているところやサインをもらっているところも撮影されます。
キャラクターとのハグの瞬間は、自分では撮影できないので嬉しいですよね。

ちなみにキャラクターダイニングにはカメラマンがいません。
自分たちで撮影するしかないので注意してくださいね。

ステップ3 写真を飾り付け

写真にスタンプやフレームをつけてデコレーションすることができます。
家に帰って旅行から少し落ち着いてから、パソコンで操作するのが良いですね。

スタンプやフレームはハロウィンやクリスマスなど季節限定のものがあったり、キャラクターのサインのスタンプなど、おしゃれなものが多くあります。

枚数に制限はないので、何枚でも好きなだけ飾り付けすることができます。

ステップ4 写真をダウンロード

写真の飾り付けが終わったら、ダウンロードしましょう。
もちろん飾り付けをしなくてもダウンロードすることができます。

ダウンロードの枚数に制限はありませんが、期限があります。
30日間は無料でダウンロードできますがそれ以降は追加料金が発生するので注意してくださいね。

時差の関係もあり、日にちの感覚がわかりづらいので注意してください。
早めにダウンロードするのがおすすめです。

ステップ5 自分だけのオリジナルグッズを作ろう

撮影した写真を使って、マグカップやスマホケース、マグネットなどのオリジナルグッズを作ることができます。
気に入ったものがあれば、My Disney Experienceから簡単に購入できますよ。

メモリーメーカー

※画像は一例です。時期によって変わる可能性があります。

結局メモリーメーカーは必要?

ここまでメモリーメーカーのことを書いてきましたが、 やっぱり値段も高いし、メモリーメーカーの購入を迷っている人もいると思います。

しかし私が実際に利用して思ったことは、「メモリーメーカーは必要!あって良かった。」ということです。

何十時間もかけてWDWに行くのだから、良い写真を残したいと思います。
メモリーメーカーのようなサービスがないと、家族や友達のみんなが写った写真って少なくなりませんか?
みんなで撮るにしても、顔がアップで写ってしまい、周りのWDWを象徴するものがなにも映らず残念な気持ちになります。

また1番写真映えするベストポジションで、カメラマンが撮影をしているため、自分のカメラで撮影する際は、その邪魔にならないように少し横に逸れて撮影するしかありません。
カメラマンに撮ってもらうのならベストポジションで堂々とポーズを決めることができますよね。

そういったことからもメモリーメーカーはおすすめです。
思い出の写真をたくさん残せると良いですね。

スポンサーリンク