【体験レポ】大迫力の戦慄アトラクション、キングコング!ユニバーサル ・オーランドで体験。

キングコング

ユニバーサル ・オーランドに、キングコングの人気アトラクションがあります。
正式名は、スカル・アイランド・レイン・オブ・コング(英語では、Skull Island : Reign of Kong)です。

3D映像系のアトラクションで、水や音などの特殊効果も加わり、大迫力のアトラクションとなっています。
今回は、私が実際に乗った体験談や、待ち時間などを書いていきます。

アトラクションのストーリー

※以下ネタバレ含みます。

大きなトラックに乗り、遺跡やジャングルの中を探検していくのですが、途中でコウモリや、気持ちの悪い謎の生物に襲われ、最後は巨大な恐竜に襲われます。
もうダメだと思ったそのとき!キングコングが現れて、巨大は恐竜から私たちを守ってくれます。
キングコングの登場シーンは盛り上がりますよ!

キングコングは私たちを守ってくれる味方なのですが、敵だと思っている人も多いみたいですね。
確かに見た目は怖いですよね・・・(笑)

アトラクションの雰囲気

はじめに少しだけトラックが外に出る場所があるのですが、それ以外はずっと暗闇です。
日本では通路は転ぶと危ないので足元に少し明かりがついていたり、アトラクション乗車中も薄暗い程度で本当の真っ暗ということがないような気がしますが、アメリカでは本当の真っ暗で、少しの明かりもありません。
その真っ暗具合が恐怖心をあおります。

暗闇以外でもアトラクションの入り口にはたくさんの骸骨があったりと、不気味な雰囲気が漂います。

暗闇の中では3Dメガネをかけて、3D映像映像を楽しむことができます。
2016年夏にできた、比較的新しいアトラクションということもあり、映像がかなりきれいで、本当に自分がその場にいるかのような気になります。

映像に加えて、大きな音や水などの特殊効果も多いのでとても迫力があります。

ただ大きな音が苦手な人にとっては不安ですよね。
トラックの両側がスクリーンになっているので、不安な人はできるだけスクリーンから遠いトラックの真ん中あたりに乗ると良いですよ。

逆に、スリル好きの人にはトラックの一番右がおすすめです!
スクリーンに近いという意味で一番左でも良いのですが、右側のほうが水が飛んできたり激しい映像が多いです。
右側で巨大な恐竜とキングコングの激しい戦いが繰り広げられたりするのでメインは右側かなと思います。

時間に余裕があれば、右側と左側で2度乗ってみても良いですね。
違う楽しさが味わえるはずです!
乗車時に係りの人に頼めば、乗る位置の変更はしてもらえると思います。

結局アトラクションは怖いの?絶叫系?

絶叫系のアトラクションではありません。
全体的に大迫力で、大きな音が出たりトラックがかなり揺れたりはしますが、ジェットコースターのように落ちたりすることはありません。

ただ、揺れが激しいので酔いやすい人は注意が必要です。
キングコングに限らず、ユニバーサル・オーランド内のアトラクションは映像や揺れで酔いやすいものが多いので、心配な人は事前に酔い止めを飲んでおいた方が良いですよ。

混雑状況・待ち時間

平日に行ったこともあり、ユニバーサル・オーランドが全体的に空いていました。
キングコングの待ち時間は平均で40分くらいでした。
エクスプレス・パスでは15分くらいです。

日本では40分は短いように感じますが、これでもユニバーサル・オーランド全体では少し混雑しているくらいです。
ハリーポッターエリアの次に、こちらのキングコングのアトラクションが混んでいました。
朝はすべてのアトラクションが比較的空いているので、朝に乗っても良いですね。

さいごに

個人的に、ユニバーサル・オーランド内のアトラクションで、上位3位に入る楽しさでした。
日本にないアトラクションなので、ぜひ乗ってみてくださいね。

スポンサーリンク