【フェス初心者必見!】夏の野外フェスの服装や持ち物、注意点は?

フェス

ロックフェスに初参加の人は、服装や持ち物など、不安なことがたくさんありますよね。

私が初めてフェスに参加した時に、知りたかったことをまとめました。

服装は動きやすさ重視

初めて夏フェスに行く人にとって、最初に悩むのが、どのような服装で行ったらいいのかということではないでしょうか?
基本的には、Tシャツに短パン、スニーカーOKですが、もう少し詳しく書いていきます。

Tシャツ

フェスのサイトに載っている公式グッズの中から選ぶか、出演するアーティストのTシャツなどが良いです!

たまに、フェスに全然関係ないTシャツや、出演しないアーティストのTシャツを着ている人もいます。

人のTシャツをまじまじと見ているわけではないのですが、たまに目にとまります。

フェスに全然関係ないTシャツは良いと思うのですが、出演しないアーティストのTシャツは、賛否が分かれるのではないかなと思います。

(ただ、数日に分れて行われるフェスで、違う日に出演するアーティストのTシャツはOKかな?と思います。)

まあ、Tシャツが何であれ、怒られたり会場から追い出されたりすることはないので、周りの人の目との戦いだけです(笑)

短パン、ショーパン

こちらは、やっぱり動きやすい短パンなどが良いです。

女性の場合、スカートだと地面に座った時にいちいち座り方を気をつけなければならず大変なので、やめておいたほうが無難です。

日焼け防止のために、短パンにレギンスを組み合わせても良いですね◎
夏のフェスでは暑いのであまり見かけませんが、長ズボンでもいいと思います。

靴は動きやすいスニーカーが良いです。
靴ずれになったり、野外の場合は汚れる可能性もあるので、履きなれた靴で行きましょう。

雨の場合は長靴でもいいかも。
サンダルやヒールは論外です!
激しくないフェスならいいかもしれませんが、ロック系の激し目なフェスでは、やめておきましょう。

鞄は、小さ目の布製のものがおすすめです。
(皮よりも布のほうが軽いので楽です。)

リュックだと、意外と場所をとるので周りの迷惑になるかもしれません。
もちろんロッカーやクロークがあるので、大きな荷物は預けることができますよ。

Manhattan Portage マンハッタンポーテージ Jogger Bag ジョガーバッグ ( ショルダー バッグ バッグインバッグ クラッチバッグ 斜めがけバッグ ミニ ショルダーバッグ メンズ レディース MP1404L )

価格:5,184円
(2017/6/26 23:06時点)

夏フェスの持ち物

絶対必要なもの

・チケット
・タオル
・免許書や保険書など、身分証明できるもの(入場時に必要になることがあります。)
・日焼け止め
・お金(出来れば小さめの財布で)
・スマホ

あったらいいもの

・スマホの充電器
・レジャーシート
・汗をかいた時の着替え
・ティッシュ、ウエットティッシュ
・絆創膏
・虫よけスプレーや、ムヒなど
・リップ
・目薬
・サングラス
・時計
・コンタクトの予備
・何かと便利なビニール袋
・帽子

雨の日にあったほうがいいもの

・カッパ
・長靴
・ジップロック(スマホなどを入れて、雨から守るため)
・濡れたら拭く用のタオル

注意点

早め早めの行動を

当日フェスの会場には、たくさんの人が押し寄せます。
思わぬところで時間をロスすることもあるので、早めに行動しましょう。
クロークに荷物をあずたり、グッズを買うのに1、2時間かかることも余裕であります。

グッズは事前にネットで買ったりと、当日時間を有効活用できるように、あらかじめ工夫しておくと良いと思います。

初心者は、はりきって前のほうに行きすぎない

ロック系の激しいアーティストの場合、会場前方はかなり激しく、人が頭の上に飛んでくることもあります。
いきなり前のほうにはいかずに、初めは後ろのほうで様子を見たほうがいいかもしれません。

熱中症注意

夏の野外に一日中いて、汗もかくので、油断するとすぐに熱中症になってしまいます。

稀に曲中に熱中症で倒れて、運ばれていく人も見かけます。
こまめに水分補給をしましょう。

まとめ

初めてフェスに行く人は、不安なこともあると思いますが、いろいろなアーティストの曲が聞けたり、屋台が出ていたり、とても楽しく過ごせると思います。

最高の夏の思い出を作りましょー!

スポンサーリンク