座椅子のメリット、デメリットをご紹介。実際に座椅子を使っている感想

座椅子

私は半年くらい前に座椅子を購入して、家では座椅子に座ってご飯を食べたり、テレビを見たりしています。

約半年間、ほぼ毎日座椅子を使ってみて、座椅子のメリットとデメリットがあるなと感じたので、今回はそのことをまとめていこうと思います。

メリット

  • 座っていて楽
  • 背もたれの角度を変えることができる
  • 移動がしやすい
  • コタツと一緒に使うことができる

まず1番の良いところは、なんといっても座っていて楽ということです。

座椅子は背もたれな角度を変えることができるので、自分の好み通りに調節することができ、背もたれを倒してそのまま寝ることもできます。食事をしたいとき、テレビを見たいとき、仮眠をとりたいときなど、状況に応じて角度を自由に変更できますよね。

また、ソファーに比べて椅子の移動が簡単にできるので、友達が来た時などに椅子の配置をすぐに変更することができます。

冬はコタツと一緒に使うこともできますよね。
こたつと組み合わせたい人には、特におすすめです!

デメリット

  • 姿勢が悪くなりやすい
  • 食後姿勢が悪いと、消化もされにくい

座って居ると背中が曲がって居る状態になるので、姿勢が悪くなりやすくなります。

座椅子に座ると、少しずつ体が滑り落ちて来て、ついついそのまま寝転びたくなってしまいますよね。

寝転ぶことができるということでメリットにもなるところですが、食後に限ってだとすぐに寝転ぶことにより消化が悪くなるので、デメリットにもなってしまいます。

デメリットと言っても、食後は背もたれの角度を変えてまっすぐ座るように意識すれば、こちらの問題は予防できますよね。

実際に私も座椅子で寝転んでばかりいたら、頻繁に消化不良を起こしてしまいまいましたが、食後は出来るだけ背筋を伸ばすようにしたら、消化不良はすぐに解消されましたよ。

まとめ

通常、座椅子は背もたれを一度手前まで倒してから後ろに倒し角度を調節しますよね。

後ろにベッドや棚が置いてある人にとっては、角度を変える時の一度後ろに倒す動作が困難です。
いちいち立ち上がって調整しなければならないので、そこも面倒ですよね。

でも、最近は横のレバーが付いていて、レバーで背もたれの角度を調節できるものが出てきています。
種類もどんどん増えてきているみたいですね。

私が使っている座椅子も、レバーで角度を変更できるものですが、これがすごく便利なんです!
初めて使ったときは角度があまりにも楽で感動してしまいました(笑)

座椅子を買うならレバーがついているものが、おすすめです!

スポンサーリンク