日本にない人気でおすすめアトラクション6選【上海ディズニー】

上海ディズニーランド

カリブの海賊 バトル・フォー・サンケン・トレジャー

映画「パイレーツ・オブ・カリビアン」をモチーフにしたアトラクションで、ボートに乗って海賊の世界を回ります。

東京ディズニーランドにもカリブの海賊がありますが、全く別のアトラクションと思った方が良いくらいに、内容や雰囲気、技術が違います!
共通していることは、ボートに乗って進むということくらいですね。

ボートの進むスピードは同じくらいですが、上海ディズニーランドのものは、ボートが前だけでなく、後ろ向きにも進むので知らないと驚きます。
最後に後ろ向きに少し坂を下るところがありますが、絶叫というわけではないので、絶叫が苦手な人でも心配はいりませんよ。

また最先端のプロジェクションマッピングが使われていて、思わず乗車中の人から「おぉ〜」と声が上がるほど、きれいで臨場感があります!

ただ、ボートで水の上を進むアトラクションのため、水が少しかかります。
ボートに乗る時に、椅子が濡れているので少し気になりますが、皆さんそのまま座っていました。
スマホやカメラが濡れるのだけは気をつけましょう。

待ち時間は長くても30分程度で、そんなに混み合うことはありません。
人気のアトラクションなのですが、1つのボートに30人ほど乗れるため、スイスイ列が進みます。
待ち時間が少ないので、1日で2回以上乗ることもできますね!

七人のこびとマントレイン

白雪姫の七人のこびとのダイヤモンド鉱山を、トロッコで駆け抜けるコースタータイプのアトラクションです。
WDW(ウォルト・ディズニー・ワールド)にも同じアトラクションがありますが、それとほとんど同じです。

コースターにしてはスピードが遅く、高さを感じるところもありませんが、上下左右にうねりながら進むため、多少ふわっとした感覚があります。

全体的には、東京ディズニーランドのビックサンダー・マウンテンに似ていて、子供でも乗れるアトラクションです。

待ち時間は長いと1〜2時間ほどになるため、できればファストパスを取っておきましょう。

トロン・ライトサイクル・パワーラン

バイクにまたがるようにして乗車するコースタータイプのアトラクションです。
ジャットコースターのガタゴトという振動がほどんどなく、コースがかなり滑らかなため、気持ちよく進みます。
最高速度が時速100キロにもなり、爽快感が溢れます!

トロンが怖そうで、乗るのを不安に思っている人は下記の記事がおすすめです。
トロンの怖さレベル

待ち時間は、混雑時でも1時間前後となります。
日本にあればもう少し長くなりそうですが、中国は小さな子供を連れて来園している人が多くいたため、トロンのような大人向けのアトラクションはそれほど混雑しないのかもしれません。

ターザン コール・オブ・ザ・ジャングル

映画「ターザン」のミュージカルショーで、中国雑技を取り入れています。
高度な組体操や、お皿やロープを使ったダイナミックでアクロバティックな技が多く、とても見応えがあります。

ターザンを知らなくても楽しめますが、知っていた方がストーリーが理解しやすいので事前に軽く予習しておくと良いかもしれませんね。

こちらのショーは、通常のアトラクションのように常に行われているわけではなく、1日に数回だけ公演が行われます。
アトラクションの入り口あたりに公演時間が書いてあるのでチェックしておきましょう。
ちなみにショー自体は30分間です。

公演時間になるとホールの扉が開き、一斉に中に入ることができます。
一斉にといっても、もちろん少し前から並んでいる人たちもいるので、その列の順番に入ります。
早く並んでおいた方が好きな席に座れますが、席には段差があるのでどの席からも同じようにショーを見ることができます。
ギリギリに入場したとしても、ステージが全く見えないような悪い席にはならないと思います。
席数はとても多いので、余程混雑しているときでなければ、入場が始まってから列の差後尾についてもホールには問題なく入れます。

中国雑技が取り入れられているため、中国ならではのショーになっています。
公演回数が決まっているので、見逃さないように計画的に行動しましょう!

ソアリン・オーバー・ザ・ホライズン

ハンググライダーで世界各地を巡るアトラクションです。
自分の頭上や真下まで囲うほどの大きなスクリーンに映像が映し出され、映像に合わせて椅子が動いたり、風が吹いたりと、ふわふわ気持ちの良い空の旅を楽しめます。

東京ディズニーシーに2019年7月にできますが、上海ディズニーランドで一足先に体験してしまいましょう!

「映像」「揺れる」と聞くと、普段乗り物酔いやすい人は、気持ち悪くなるんじゃないかと、心配になるのではないでしょうか。
特別酔いやすいアトラクションではありませんが、映像が絡んだアトラクションのため、少し気持ちが悪くなるかもしれません。
心配な人は乗車後のスケジュールを詰め過ぎず、少し休憩できる時間があると良いかもしれませんね。

混雑時の待ち時間は、1〜2時間にもなるという、上海ディズニーランドで1、2を争う待ち時間の長さです。
しっかりファストパスを取っておきましょう。

ロアリング・ラピッド

円形のボートに乗って激流下りを楽しめるアトラクションです。

ボートに水が入ってきたり、いろいろなところから水が飛んできて、同じボートの人たちと一緒に盛り上がれますよ!
中国語はわかりませんが、みんな叫びながら笑っています(笑)

結構濡れるため乗車時は、サンダルとレインコートがおすすめです!
他の荷物はロッカーに預けるか、ビニール袋などに入れて濡れないように気をつけましょう。

待ち時間は1〜2時間と、結構待ちます。
季節やその日の天気によって、1番待ち時間の長さが変わるアトラクションです。

さいごに

今回ご紹介したアトラクションは本当におすすめなものばかりです。
待ち時間が結構長くなるものも多いため、どのファストパスを取ろうか迷ってしまいますよね。

計画的に周り、今回ご紹介したアトラクションは制覇できるように頑張ってみてください!