【まずはここから!WDWの基本情報】各パークの特徴・回るのに必要な時間・スケジュール

wdw

WDW(ウォルト・ディズニー・ワールド)には、大きく4つのパークがあります。

  • マジックキングダム
  • エプコット
  • ハリウッド・スタジオ
  • アニマルキングダム

他にも、ウォーターパークや、ディズニースプリングスなどの施設がありますが、今回は上の4つのパークに絞って、特徴や、回るのに必要な時間などをまとめました。

パークごとの特徴・雰囲気

4つのパークは、それぞれ雰囲気やコンセプトが違うため、パークごとに違った楽しさがあります。

マジックキングダム

東京ディズニーランドのモデルとなったパークで、雰囲気やアトラクションの場所も東京ディズニーランドと似ているため、日本人にとって1番馴染みがあるのではないでしょうか。

東京ディズニーランドと同様、パークの真ん中にあるシンデレラ城がシンボルです。
ちなみに東京ディズニーランドのものより若干大きめになっています。

マジックキングダムは、4つのパークの中でも1番人気のパークなので1番混雑しています。

夜になると、シンデレラ城で光のショーが行われます。
日本よりも多くの花火が打ち上がり、スケールが大きく、さすが本場アメリカ!という感じです。
WDWに行くのなら、このショーは絶対に見るべきです!

エプコット

「未来」や、「世界」がテーマのパークです。
未来的なフューチャーワールドと、世界各国の伝統や食事を紹介するワールドショーケースがあります。

フューチャーワールドでは、東京ディズニーランドと同じように、アトラクションに乗ったり、キャラクターグリーティングを楽しめます。
ベイマックスに会うこともできますよ。

ワールドショーケースは、万博のようなイメージで各国の展示がされています。
ノルウェー館ではアナと雪の女王のアトラクション、フローズン・エバー・アフターがあります。かなり人気なので、ファストパスを取っても良いですね。

ちなみに、ワールドショーケースには日本館もあります。
日本語や日本食が恋しくなったら日本館に行きましょう。

ハリウッド・スタジオ

映画がテーマのパークです。
美女と野獣やリトルマーメードの、本格的なミュージカルショーが楽しめます。

また2018年6月30日にトイ・ストーリーランドがオープンしました。
おもちゃの世界に入り込んだような楽しいエリアになっています。
トイストーリー好き必見です!

東京ディズニーシーにあるタワー・オブ・テラーがハリウッド・スタジオにもありますが、他のアトラクションは東京にないものばかりなので、はじめての楽しさがあるのではないでしょうか。

アニマルキングダム

動物や恐竜がテーマのパークです。
2017年5月27日にアバターのエリアもオープンしています。

パーク内に、猿やワニなどのいろいろな動物が飼育されており、アトラクションの1つの、キリマンジャロサファリでは、たくさんの動物を、檻や柵のない自然に近い形で見ることができます。

またパークの中央にツリー・オブ・ライフという大きな木のモニュメントがあり、木の幹にはイルカやライオンなどたくさんの動物が彫刻されています。
夜になると幻想的なプロジェクションマッピングのショーも行われますよ。

日本のディズニーランドやディズニーシーとは全く違う雰囲気で、どちらかというと動物園やサファリパークのような雰囲気です。

WDWの大きさ・全体で何日の旅行プランにすべき?

WDWは東京ディズニーランドとディズニーシーを足した数のおよそ110倍〜120倍と言われています。
想像できないくらいの広さですね・・・。

もしかすると「こんなに広かったら数日の旅行でほとんど回りきれない!」と思うかもしれませんが、これはホテルや道路なども含んでの広さなので、実際の旅行では数日あればだいたいは周り切れると思います。

各パーク1日ずつ回るように旅行スケジュールを立てる人が多いみたいです。
日にちとお金に余裕があれば、各パーク1日ずつと、プラスで1〜3日程度あるとさらに良いですね。

WDW以外にも、近くにユニバーサルオーランド、NASAケネディ宇宙センター、シーワールド、アウトレットモールなど、レジャー施設がたくさんあります。
オーランドまではかなり遠く、時間もお金もかかるので、せっかくならWDWだけでなく、他のスポットを訪れても良いですね。

各パークを回るのに必要な日数

マジックキングダム

1日あれば、お目当てのアトラクションやショーはだいたい見ることができると思います。

もちろん、
「日本にないアトラクションだけ乗る」
「ショーは見ない」
という場合は時間短縮することができます。

東京ディズニーランドよりも少し広いですが、ディズニーランドよりはスタンバイの時間が短いことが多く、ファストパスも事前にネットで取得しておくので、わざわざ取りに行く手間がありません。
東京ディズニーランドよりは効率的にパークを回ることができると思います。

エプコット

アトラクションだけであれば、半日ほどで回りきることができると思います。
ただワールドショーケースを回るのに半日かかるので、エプコット全体で1日あると良いですね。

ワールドショーケースはかなり広く、体力も使うので、時間に余裕を持って休憩しながら回るのがおすすめです。

スケジュールに余裕がない人は、気になるショーケースだけ見るのも1つの手かもしれません。

ハリウッド・スタジオ

他のパークに比べると少し小さめなので、半日〜1日で回ることができます。

ただミュージカルなどのショーは1時間や2時間に1回しか行われないものもあるので、時間には気をつけたいです。
いろいろなショーを見たい人は、始まるまでの待ち時間の関係で思いのほか時間がかかることがもあるので注意が必要です。

アニマルキングダム

4つのパークの中で1番広いパークになりますが、動物の飼育ゾーンが広いだけなので、パーク自体はそこまで広く感じません。

体感としては、マジックキングダムと同じくらいでした。
エプコットの方が広く感じます。

1日あれば回りきれると思いますよ。

ただ動物をじっくり見たい場合などは1日半〜2日くらいあると良いかもしれません。

さいごに

各パークの特徴や雰囲気が違うので、全く飽きることがありません。

ちなみにディズニースプリングスは、夜遅くまでやっているので、体力が残っていればパークで遊んだ後に行っても良いですね。
ゆっくり回りたい人は、半日~1日を目安にスケジュールを立てると良いと思います。

スケジュールは多少余裕があると、
「昨日行ったお店にもう一度行きたい。」
「こんなショーもあったんだ。見たい!」と、いうことにも対応できるので良いですよ。

スポンサーリンク